インスリンは栄養摂取を助けるホルモン

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_m

インスリンは糖分を体内に取り込む時にとても大切な役割を担っているホルモンです。
ホルモンとは体の内分泌線と呼ばれるところで作られ、血液に放出される物質です。

血液中を流れ、それぞれ必要な器官に届き、その働きを調節する働きを持っています。
その為にこのホルモンが多すぎても少なすぎても体を正常な状態に保つ事ができません。

体の中には20種類ものホルモンがあります。
成長ホルモン、アドレナリンなどもホルモンの一種です。
20種類のホルモンは全て人の命を維持する為には欠くことができない非常に重要な物質です。

インスリンもこれらのホルモンと同じように体の維持の為に非常に重要な役割を持っています。
インスリンは必要な分量が適時、膵臓から血液を通して全身に運ばれます。

インスリンは膵臓のランゲルハンス島と呼ばれる組織で作られます。
膵臓は胃の後ろにある、細長い臓器で長さは15cm、幅が2~5cm、重さは90~120gと言う非常に小さな臓器ですがとても重要な働きを持っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_67191770_Subscription_Monthly_M

2015.12.21

糖尿病の食事療法

糖尿病の治療の基本は食事と運動と言われますね。 特に食事は注意する必要があります。 理由はとても簡単です。 食事によって血糖値が大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る