糖尿病はなぜインスリンを注射するの?

53d696b9c262364c87a17a0152a675d2_m

糖尿病の治療の多くにはインスリンの注射が使われます。
なぜ、インスリンを注射する必要があるのでしょう。

自分で注射するなんて痛いですし、不安ですよね。
でも、インスリンを体外から補給する事はとても大切な事なのです。

人の身体は血糖値が高くなると血糖値を下げる為にインスリンを活発に分泌されます。
インスリンはすい臓で作られますが、あまりにも常にインスリンを分泌していると膵臓が疲弊してしまい、そのうちにインスリンを分泌できなくなってしまうのです。

糖尿病と診断された状態で、すでに本来のインスリンの半分ほどの量に低下してしまっている事がほとんどです。
そのままではやがて近い将来インスリンは分泌されなくなってしまいます。

そのような事にならないようにインスリンを体外から補給します。
そうする事ですい臓がそれ以上疲弊するのを防ぎ、一時的な休養を与える事ができます。

インスリンを注射する事で、すい臓の働きが回復すれば、インスリンの注射を減らす事も、また、注射を辞める事も出来るようになります。

このようにインスリンの注射は体外から一時的に補給する事ですい臓に休息を与え、その機能を回復させる事が目的です。
その為に、インスリンの注射はすい臓の機能が低下する前にできるだけ早く始める方が効果的と言われています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_50360955_Subscription_Monthly_M

2015.10.6

菊芋パウダー

菊芋は血糖値を下げる効果が期待できる数少ない食品です。 菊芋にはイヌリンと呼ばれる成分が含まれています。 このイヌリンは水溶性の植物繊維…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る