しびれは糖尿病の初期症状?

Male person holding onto feet isolated towards white

しびれは糖尿病の初期症状?
こんな心配をお持ちの方に。

確かに糖尿病になると身体がしびれるという症状が出てきます。
ですが、これは糖尿病単体で起こる症状ではありません。

実は合併症を起こしている時の神経障害が原因で起こる症状です。
ですから、糖尿病の初期症状というわけではないのです。

ですが、もし、糖尿病の治療にあたっている方がしびれを感じるようではとても注意が必要です。

糖尿病の合併症は神経や筋肉に起こる事が多いのです。
特にしびれや下肢のひきつり等は神経に障害が起こっている可能性が高いです。

ただ一口にしびれと言っても人によって感じ方は変わります。
例えば、「感覚が鈍くなった」「体に虫が這っている感じ」「生ゴムで足が巻かれている感じ」など、様々です。

また温度を感じる感覚が鈍くなって火傷を負うような事も少なくありませんので注意が必要です。
このような症状も合併症を疑う必要があります。

またこれ以外ではこむら返りを頻繁に起こすようになる場合もあります。
寝ている間にふくらはぎが攣ってしまったり、日中であっても運動をすると攣る回数が増えたりします。

これも糖尿病による神経障害が原因で筋肉が痙攣している可能性があるので糖尿病の治療中の方はこのような症状を感じたら早急に担当の医師に相談してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_50360944_Subscription_Monthly_M

2015.12.9

菊芋の販売

「天然のインスリン」と呼ばれる菊芋はイヌリンと呼ばれる成分を豊富に含む非常に貴重な食品です。 イヌリンは砂糖や澱粉と同じ糖類です。 とこ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る