糖尿病の初期症状は尿検査でわかる?

blood-test-527617_1280

糖尿病になると尿に糖が含まれる時があります。
いわゆる尿糖と呼ばれる物です。

「尿糖=糖尿病」と勘違いされる時がありますが、実はそうではありません。
確かに糖尿病になると血液中の糖が高くなり、その糖を尿細管が吸収する能力を超えると尿の中に糖が含まれる事になります。

ところが、食事療法や薬で血液中の糖の量をコントロールしていると尿には糖は含まれなくなります。
つまり、糖尿病でありながら尿には異常が見られなくなるわけです。
また糖尿病の初期の状態でも尿糖は出てきません。

また、逆に正常であるにも関わらず、尿糖が見られる人もいます。
腎性糖尿と呼ばれる状態で、この状態の方は生まれつき尿細管で糖を吸収する能力が低く、血糖が低いにも関わらず尿糖になってしまうんです。

この事から尿糖=糖尿病とは言えないわけです。
つまり、尿検査で糖尿病を発見するには無理があります。

せいぜい、「糖尿病である可能性が高い」と言う事を見つける程度と考えるべきでしょう。

さいきん、「隠れ糖尿病」と呼ばれる事がありますが、これは通常の健康診断では見つけられない糖尿病が増えているからです。
一般的には糖尿病は空腹時の血液中の血糖値、またはヘモグロビンA1cの数値をチェックする事で判断します。

ところが、隠れ糖尿病の場合は空腹時は正常値で、食後に特殊な検査をすると糖尿病のレベルに急激に上昇しているのが初めて発見できるそうです。
その為に、隠れ糖尿病は発見されないまま深刻な状態まで進行している事があるのです。
隠れ糖尿病は本人も気づきにくく、実は非常に注意するべき物なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_50360955_Subscription_Monthly_M

2015.10.6

菊芋パウダー

菊芋は血糖値を下げる効果が期待できる数少ない食品です。 菊芋にはイヌリンと呼ばれる成分が含まれています。 このイヌリンは水溶性の植物繊維…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る