糖尿病のアルコールはダメ?

9c03716d4fea4359e6de4592fa67c143_m

アルコールの飲み過ぎは糖尿病の原因になると言われますが、糖尿病になってしまったらアルコールは絶対に飲む事ができなくなるのでしょうか?
お酒が好きな方にとっては非常に気になる問題ですよね。

結論から言うと、糖尿病になったら全く一滴もアルコールが飲めなくなる訳ではありません。
ただし、いくつかの条件や制限があるのは確かです。

飲む量については、自分で判断せず、医師と相談する事が必要ですが、ここではアルコールが糖尿病に与える影響とアルコールとの上手な飲み方について紹介したいと思います。

糖尿病の方にとって「アルコールがいけない」と言われる一番大きな理由はアルコールを飲む事で血糖値を上げてしまうからです。
と言っても実はアルコール自体が血糖値を上げる事はありません。

アルコールは高カロリーですが、飲んでも体内でブドウ糖に変化する事がありません。
その為に、血糖値を上げる作用を持っていません。

ただし、アルコールには肝臓のグリコーゲンをブドウ糖に分解させる働きを持っています。
この作用によって一時的ではありますが、体内の血糖値を上げてしまうのです。

また、お酒の中にはアルコールだけではなく、糖質を含む物もあります。
例えば、ビール、日本酒、梅酒、ワインなどです。
これらのお酒は糖質を含んでいるので飲む事で体内の血糖値が上がります。

それに対して、糖質の含まないお酒は焼酎、ジン、ウイスキー、ウォッカ、ブランデーなどは糖質を含みません。
ですので、糖尿病を予防するという観点ではこちらのアルコール類のほうが多少良いかもしれませんね。
ただし、飲みすぎてしまうと同じですが。

また、お酒にはお酒その物ではなく、食事が進むと言う側面も持っています。
つまり、食べ過ぎですね。

特に塩分や糖分の多いおつまみやおかずを食べ過ぎてしまう事は糖尿病にとっては一番危険な事です。
お酒自体が高カロリーで中性脂肪がつきやすい上に、血糖値をあげてしまう事になります。

このように糖尿病の方にとってはアルコールはとても危険な側面をたくさん持っている事は確かです。
ですが、全く害ばかりと言う訳でもないのです。

お酒は「百薬の長」と呼ばれる事がありますが、良い面も持っているのです。
例えば、少量のアルコールは脳梗塞や心筋梗塞などの合併症の原因になる血管内の血栓を溶かしてくれる効果があります。

このように少量であれば良い面も持っています。
では、少量とはどれぐらいか?

国の定めた健康作りの指針「健康日本21」には1日20gが適量とされています。
これは日本酒なら1合、ビールで中瓶1本、ワインなら2杯程度です。
お酒を飲む方は非常に少量に感じる量ではないでしょうか。

また、この適量とは糖尿病の方を対象にしてるのではなく、健康な方が対象になっています。
となれば、糖尿病の方が食事療法される場合は非常に少量になる、または禁酒になるのはお分かりになるのではないでしょうか。

ちなみに糖尿病であっても飲酒が許される条件としては。
・飲酒量を守れる自制心がある
・血糖コントロールが安定している
・体重が管理できている
・高血圧、動脈硬化がない、またあっても軽い
・その他、飲酒制限が必要な病気にかかっていない

これらの条件が必要になります。
糖尿病の方はこれらの条件を守りながら、お酒と上手に付き合う事が必要になりますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2.24

2016.2.24

アラプラスのCMに郷ひろみが

アラプラス 糖ダウンのCMに郷ひろみさんが出演されるようになりましたね。 サムライ姿の郷さんが「一糖両断!」と「高血糖」の文字を斬る印象的…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る