糖尿病性腎症とは?

Menschliche Nieren

糖尿病性腎症は糖尿病の3大合併症の一つです。
糖尿病の合併症は細い血管に障害を起こす事が特徴です。

糖尿病性腎症もその一つで症状が進行すると腎臓の機能が悪化し、腎不全を起しがちです。
また透析治療を受けている患者さんの原因の第一位がこの糖尿病性腎症となっています。

傾向としては糖尿病を患い10年程が経過してから徐々に尿に蛋白を含むようになります。
次にネフローゼの症状が出始め、浮腫が出始め、腎機能が悪化します。

原因は糖尿病によって、血管の内側にある細胞が破壊されたり、腎臓内のタンパク質に非酵素的糖化反応を起こしたりする事です。
腎臓内の血圧が高い事も原因の1つです。

糖尿病性腎症は糖尿病がかなり進行しないとなかなか自覚する事ができません。
つまり、むくみを自覚した時には既に糖尿病はかなり進行していると考えるべきです。
腎機能が悪化し、腎不全になると尿毒症の症状を発症することもあります。

もし、上記のような症状に気がついたら早急に医師に診療を受ける必要があります。
糖尿病は自覚症状がなかなか無い為に多少血糖値が高くでも診察を受けたり、治療を受けたりしない方が非常に多いのが現実ですが、高血糖や高血圧を放置していると知らない間に糖尿病が進行し、糖尿病性腎症のような合併症を引き起こす事は少なくありません。

糖尿病性腎症はもちろんの事、糖尿病は早期発見、早期治療がとても大切です。
糖尿病は予防的な考えで検査、治療を行う必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_79892032_Subscription_Monthly_M

2015.6.14

イヌリンが糖尿病に効果的?

イヌリンという成分を聞いた事があるでしょうか? この成分は菊芋やゴボウなどに含まれている成分ですが、実はこのイヌリンが糖尿病にはとても効果…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る