糖尿病の予防にコーヒーが良い?!

coffee-563797_1280

コーヒーが糖尿病に効果的だと言うお話は聞いた事があるかもしれません。
ですが、闇雲にコーヒーを飲む事は非常に危険です。

と言うのは糖尿病の発症前に糖尿病を予防するにはコーヒーはとても効果的な飲み物です。
ところが、既に糖尿病を発症してしまった場合にはコーヒーは注意するべき飲み物になるのです。

つまり、「コーヒーは糖尿病に良い」のではなく、正確には「コーヒーは糖尿病の予防には良い」と言うわけですね。

では、なぜコーヒーは糖尿病の予防には効果があるのでしょう?
その理由をご紹介したいと思います。

まず、糖尿病の大きな原因の1つに肥満があるのはもうご存知だと思います。
実はコーヒーには肥満になりにくい効果があります。

コーヒーに含まれるカフェインは炭水化物を余り使わず、脂肪の消費を促す効果を持っています。
肥満は過剰なカロリーが蓄積される状態です。
つまり、コーヒーを飲む事で、脂肪が消費されやすく蓄積されにくくなります。
これが肥満を抑制してくれる訳です。

ただ、先程もお話したように脂肪の蓄積は抑えられますが、逆に炭水化物はあまり使われなくなるので血液中のブドウ糖は増える事になります。
健常な人ではそのブドウ糖はインスリンが働く事で問題なく、吸収されます。
このような働きを持つ為にコーヒーは糖尿病の発症前には糖尿病を予防する効果が期待されます。

ところが、糖尿病を発症してしまうと脂肪を消化してくれる効果は好ましいのですが、血液中のブドウ糖が問題になります。
糖尿病の患者さんはインスリンを分泌する働きが弱くなっているので血液中のブドウ糖が増える事はとても危険な事なのです。

これがコーヒーは糖尿病の予防にはとても効果的ですが、糖尿病を発症してしまった後は注意が必要である理由です。
同じコーヒーでありながら、糖尿病の発症前と発症後では全く逆の影響を与える事になりますので、まずは自分の身体が今、どのような状態なのか?正確に知っておく必要がありますね。

糖尿病は「検査の病気」と言われるほど、自覚症状ではわかりにくく、検査が大切な病気です。
少しでも気になる事があればできるだけ早く診察を受けるようにしましょう。
また、どうしても忙しくて診察を受ける時間が取れないようなら、自宅で検査できるキットも市販されています。
このようなキットを利用するのも良いと思います。

【参考記事】 糖尿病の検査は市販のキットが便利

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_67191770_Subscription_Monthly_M

2015.12.21

糖尿病の食事療法

糖尿病の治療の基本は食事と運動と言われますね。 特に食事は注意する必要があります。 理由はとても簡単です。 食事によって血糖値が大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る