2型糖尿病とは

hand press on diabetes button on webpage

糖尿病には2つの種類があります。
1型と呼ばれる物と2型と呼ばれる物です。

日本人の糖尿病の95%は2型糖尿病と呼ばれる物です。
また、一般的に成人病として糖尿病を指す場合もこちらの2型の糖尿病を指します。

2型の糖尿病は食べ過ぎや運動不足、肥満が主な原因です。
その為に、治療方法は食事療法や減量を含めての運動療法がメインとなります。

この2型の糖尿病の場合はすい臓は全くインスリンを作っていない訳ではなく、作るには作っているのですが作る量が少なかったり、逆に多すぎたりとバランスが取れていないのです。
その為にインスリン注射をしなくてもコントロールできる場合があります。

2型の糖尿病もまだ全てが解明された訳ではないで分からない事もありますが、発病するあらすじはわかっています。
2型の糖尿病は遺伝にも関係し、体質的に2型の糖尿病になりやすい人がいます。

このような方は元もインスリンを生産する力が弱いのです。
このような体質の方が食べ過ぎて太り過ぎの状態が続いてしまうと、すい臓は食べる量に見合ったインスリンを作る事ができません。
すい臓の生産能力を超えた状態が続くとやがてすい臓はインスリンを作る事ができなくなります。

このような状態になってしまうと食事の量を減らし、少ないインスリンの量でも足りる状態にする必要があります。
また肥満はインスリンの働きを妨げます。

太っているとインスリンが正常に生産されても細胞がインスリンを利用してブドウ糖や脂肪をエネルギーに変えたり、貯蔵したりする能力が低いからです。

その結果、血液中にブドウ糖や脂肪が貯まる事になります。
こうなるとすい臓は血液中の栄養を利用しようとしてより多くのインスリンを作ろうとします。

これがすい臓の疲弊を招き、やがてはすい臓がインスリンを作れなくなってしまう訳です。
このように2型の糖尿病を改善するにはまずは体重を減らす事がもっとも重要な方法となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_81338575_Subscription_Monthly_M

2016.1.18

糖尿病のカロリー計算

一般的には糖尿病の食事で最も注意するべき事はカロリーだと言われていますね。 「カロリーの摂り過ぎはいけません」と言うわけですね。 ですか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る