糖尿病生昏睡とは?

Fotolia_79611522_Subscription_Monthly_M

糖尿病では細胞がブドウ糖を利用できません。
ですので、体を動かしていく為にはブドウ糖以外のエネルギーが必要になります。

その時使われるのが体内に蓄積された脂肪です。
脂肪はエネルギーに変えられる時にケトン体と言う物質を作り出します。
このケトン体はケトアシドーシスと呼ばれる血液の酸性状態を引き起こします。

この酸性状態がひどくなると人間は昏睡状態に陥ります。
さらに酷い場合は死に至ります。

この糖尿病昏睡は昏睡状態に陥る前に治療する事が最も重要です。
高血糖の症状である多尿、口渇、多飲、急に痩せる、あるいは食欲不振、嘔吐、腹痛などの症状が現れたら要注意です。

特に軽度の意識障害が現れたら手遅れにならない内に早急に病院に行く必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_50360944_Subscription_Monthly_M

2015.12.9

菊芋の販売

「天然のインスリン」と呼ばれる菊芋はイヌリンと呼ばれる成分を豊富に含む非常に貴重な食品です。 イヌリンは砂糖や澱粉と同じ糖類です。 とこ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る