糖尿病と動脈硬化

Fotolia_78106245_Subscription_Monthly_M

糖尿病には血管に障害を持つ病気が多くなります。
中でも大きく二つに分かれます。

「動脈硬化性血管障害」と「糖尿病生細小血管障害」です。
「糖尿病生細小血管障害」は末端の血管が詰まったり破れたりする物です。

動脈は心臓から各臓器に血液によって栄養や酸素を運んでいます。
人は年齢と共に自然に血管は傷んできます。
ですから動脈硬化は避けることができません。
誰にでも起こり得る老化現象と言えます。

ただ糖尿病を患うと動脈硬化を促進する高血圧や脂肪の代謝異常を伴うことが健康に人に比べて遥かに早くなってしまいます。
その早さは10年と言われています。

動脈硬化は動脈の管の内側に脂肪やコレステロールが付着し、血液の流れが悪くなったり、血管その物がもろくなったりします。
狭くなり、血管が詰まってしまうとそれから先には当然、栄養や酸素は行き届かない事になります。
そうなれば細胞や組織は死んでしまいます。

このような症状が脳で起これば脳梗塞、心臓で起これば心筋梗塞という事になります。
またもろくなった血管が脳の中で敗れてしまえば脳出血という事になります。

いずれにしても体や意識に著し障害が起こり、場合によっては死につながるとても危険な病気です。
糖尿病はそれ自体ではそれほど、危険ではありませんが、このような合併症を引き起こす事がとても怖い病気なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_67191770_Subscription_Monthly_M

2015.12.21

糖尿病の食事療法

糖尿病の治療の基本は食事と運動と言われますね。 特に食事は注意する必要があります。 理由はとても簡単です。 食事によって血糖値が大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る