糖尿病が引き起こす白内障

Fotolia_47816878_Subscription_Monthly_M

白内障は目のレンズである水晶体が白く濁ってしまう病気です。
一般的には加齢と共に発症する可能性が高くなります。

ところが、糖尿病の患者は10代~20代であってもこの白内障にかかるケースが多々あります。
もちろん、高齢になって白内障にかかる割合も糖尿病患者のほうが断然高くなります。

糖尿病の状態が長く続くと血液中の糖分が増えるので当然、水晶体の中の当分も増えます。
水晶体でも糖分はエネルギーとして利用されています。

ところが、増えすぎたエネルギーはソルビトールと呼ばれる物質に変わります。
また、このソルビトールの為に水晶体には房水という水分が侵入し、水晶体のタンパク質が白く変化します。

これが糖尿病が白内障を引き起こす理由です

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_78621447_Subscription_Monthly_M

2015.12.14

糖尿病の名医を探すなら

どんな病気にも名医と呼ばれる方達がおられます。 その病気に精通し、普通の医師達では治せない病気を治してしまう医師達です。 やはり糖尿病に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る