糖尿病性えそとは?

Fotolia_66460463_Subscription_Monthly_M

糖尿病は血管に大きな障害を与える病気ですが、手足の血管が詰まってしまうとその先には酸素や栄養は届きません。
その為に細胞が死んでだんだん腐ってきます。
これを糖尿病性えそと言います。
その多くは足の指やすねに発症します。

たとえ、えそまで行かなくても血管障害の為に血液の循環が悪くなり、小さな傷や火傷がとても治りにくくなります。
また、糖尿病の患者は知覚神経にも障害が起こりやすく、健康に人に比べ、怪我や火傷をしやすくなります。
傷、やけど、深爪、靴ズレ、カミソリまけ、などもなかなか治らず、化膿しがちです。
このような小さな傷から壊疽が始まることもあります。

この他、糖尿病の患者は細菌に対する抵抗力も弱くなっています。
その為、水虫、とびひ、湿疹など皮膚病や皮膚炎にもかかりやすくなります。

糖尿病の方は小さな傷ややけど、皮膚病を軽く見てはいけません。
できるだけ早い段階でしっかりと治すように注意しましょう。

また、常日頃から体を清潔にし、爪の手入れなどもこまめに行うようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

41DCSy8gpKL

2015.5.29

糖尿病の検査は市販のキットが便利

糖尿病は初期症状に特別な症状が見えにくく、注意しないと全く気がつかないまま病気が進行してしまう可能性があります。 糖尿病が進行すると様々な…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る