ピニトールが血糖値を下げる?

Fotolia_43386310_Subscription_Monthly_M

ピニトールと呼ばれる成分が血糖値を下げる成分として、今、とても注目されています。
テレビなどでも紹介されているのでご存知の方は多いかもしれません。

ピニトールは植物性のインスリンと呼ばれる植物由来の天然成分。
血液中のブドウ糖の巡りを良くする働きを持っており、血糖値を下げる効果がある事が判明しました。
糖尿病の合併症などの予防にも効果があると話題になっています。

ピニトールとは?

ピニトールはイノシトールと呼ばれる水溶性ビタミンの1種。
主に乾燥地帯に生息しているマメ科の植物に含まれています。
ブーゲンビリアと言う植物から初めて発見されましたが、アーユルベーダではこのブーゲンビリアが糖尿病に効果があるとして利用されてきました。
また、最近ではアイスプラントにも豊富に含まれている事がわかってきました。

ピニトールの効果とは?

ピニトールは植物性のインスリンと言われ、血糖値を下げる効果を持っていますが、なぜ、ピニトールはこのような効果を持っているのでしょう?

糖尿病は一言で言えば、血液中のブドウ糖を細胞の取り込めなくなった病気です。この症状は糖輸送担体(GLUT4)の働きが低下してしまった時に起こります。
ところが、ピニトールにはこの糖輸送担体(GLUT4)を助ける働きがあると考えられています。

その効果のおかげで血液中のブドウ糖を細胞内に取り込む作用が促進され、その結果血糖値が下がると言う訳です。

ピニトールを摂取するには?

ピニトールは大豆、ルイボスなどに含まれています。
また、アイスプラントにも豊富に含まれている事が分かっています。
ピニトールで血糖値を下げる為の理想的な摂取量は1日に豆乳なら800ml、大豆なら500粒と言われています。
これだけの量を1日で摂取するにはかなり厳しいですね。
ちなみに含まれる量はアイスプラントが圧倒的に多い事がわかっていますが、それでも250gが必要です。

こうして考えると食事からピニトールを摂取する事はとても難しいのが現実です。
では、「積極的にピニトールを摂取している人達はどうしているのか?」と言うと実はサプリメントを利用している方が多いようです。

こちらがそのサプリメント。

⇒ グラシトール

このサプリメントであれば、1日に6粒でピニトールが300mg摂取できるので1日の必要量を簡単に摂取できます。

血糖値が心配で積極的にピニトールを摂取したい方はこのサプリメントを利用するのも良いですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Blood sample for hematology testing

2015.11.30

ヘモグロビンA1cをさげる方法

糖尿病と言えば、まず、血糖値を下げるイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、実は血糖値よりもヘモグロビンA1cの数値を基準に考えたほうが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る