バナナは血糖値を下げる?

Fotolia_70649249_Subscription_Monthly_M

「バナナが血糖値を下げる」こんな事を聞いた事は無いでしょうか?
また、一方で「バナナは血糖値をあげる」こんな事も聞かれます。

では、一体本当のところはどうなのでしょう?
実はこの疑問、どちらも半分正しいのです。

つまり、血糖値を下げる可能性もあるが、逆に上げる可能性もあるという事なのです。
バナナには果糖や澱粉が含まれています。
また、同時に食物繊維やカリウムも含まれています。

ご存知のようにでん粉は消化されるとブドウ糖に変化し、それが血糖値を上げます。
ところが、食物繊維は血糖値を上げるのを抑えてくれます。
また、カリウムも同様に血糖値を下げてインスリンの働きを助けてくれます。

つまり、バナナを食べた場合は一時的に血糖値は緩やかに上がりますが、その後は血糖値が下がるとインスリンの働きを助けてくれるので「バナナは血糖値を下げる効果がある」と言われる訳です。

では、このような特徴を持っているバナナはどのように食べれば一番良いのか?
バナナは一時的にでも、食べると血糖値が上がってしまいます。
その為に、食事の直前にバナナを食べ、白米などを食べてしまうと血糖値は急上昇してしまう事になります。

そこで、バナナを1/3ほど食事の1時間半ほど前に食べておきます。
その後、食事をすれば、白米などの炭水化物による血糖値の上昇を抑えてくれます。

このようにバナナには血糖値を上げる可能性も、下げる可能性も同時に持っているというわけです。
血糖値を下げるポイントはその食べ方にあります。
バナナはとても身近な食べ物なので、上手く利用したい食べ物ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

3.21

2016.3.21

大正製薬 大麦若葉青汁

血糖値が気になる方におすすめの大麦若葉青汁と言えば、大正製薬の「大麦若葉青汁」です。 こちらです。 ⇒ 大正製薬 大麦若葉青…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る