血糖値が高くなると?

:Close-up Of Finger Checking Diabetes

血糖値が高いと言うのは血液中に余分な糖が含まれている状態です。
人が生きていく為には全身の臓器や細胞にエネルギーを送り込む必要があります。
糖はこのエネルギーになる物です。
また、このエネルギーを血液を通して運んでいる訳です。

血液を通して運ばれた糖はエネルギーの元になる物ですが、それだけではエネルギーとして利用する事ができません。
そこで必要となるのがインスリンです。
糖はインスリンと反応し初めて細胞の中に取り込まれます。

ところが、インスリンが十分に作られなかったり、細胞が上手く取り込めなかったりすると(インスリン抵抗性)血液中には不必要な糖が存在する事になります。
これが血糖値が高い状態です。

血糖値が高くなるとどうなるの?

血糖値が高いと体には様々な異常をきたします。
では、どんな異常が起こるのか、まとめてみましょう。
・糖尿病の原因になる
血糖値が高いといわゆる糖尿病になる可能性が非常に高いです。
糖尿病は初期の状態では自覚症状を見つけにくく、知らない内に進行する事が非常に多い病気です。
また、糖尿病だけではそれほど、恐ろしい病気ではありませんが、進行すると様々な合併症を引き起こし、最悪の場合は死に至る事もあります。

・血圧が高くなる
血液中のインスリンが多くなると血管に水分がたまりやすくなり、血圧が高くなります。
また、交感神経を刺激する事も血圧を上げる原因になります。

・肥満になりやすい
人は血液中の糖とインスリンの量で空腹を感じます。
血液中の糖とインスリンが少なくなると食事を求めます。食事することで血糖値が上がると逆にインスリンが働き、正常な血糖値に戻ります。
こうしてバランスをとっているわけです。
ところが、血糖値が高いとこのバランスが崩れてしまいます。
血液中の糖を上手く細胞に取り込めないので、糖があるにも関わらず、体に力が入らず、より、多くの炭水化物や糖質を欲したりします。
これが体重の増加を引き起こし、肥満の原因になる可能性が非常に高いのです。

・血流の流れが悪くなる
血糖値が高いと血液中の善玉コレステロールが減少し、中性脂肪が増えます。
また、過剰な糖は血管の炎症を起こし、特に毛細血管はもろくなります。
それが原因で動脈硬化などの病気を引きおこす原因になります。

いかがでしょう?
血糖値が高いと様々なリスクを抱えている事がお分かりいただけたでしょうか?

糖尿病は一度発症すると完治する事は非常に難しい病気です。
早めに予防する事がとても大切です。

血糖値が高いだけの今の状態なら生活習慣を改善する事で正常値に戻す事も可能です。
早めに対処するようにしましょう。

⇒ たった3日で血糖値を下げる方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_76286161_Subscription_Monthly_M

2016.1.2

糖尿病におすすめの外食は?

糖尿病の方の食事で注意が必要なのが外食です。 本来、外食はできるだけ避けたい所ですが、実際にはお付き合いなどで外食しなければならない事は少…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る