糖尿病の初期症状で足に起こる物は?

脚の浮腫みのイメージ

糖尿病は初期症状が非常にわかりにくい病気です。
その為に知らない内に病気が進行してしまう事がとても怖いです。

そうして、気がついた時には合併症を引き起こしているケースが非常に多いです。
ちなみに、足の異変もやはりそうです。

糖尿病の初期症状で足に異変が起こる事はありません。
足に異変が起こっている場合は合併症を引き起こしていると考えて良いでしょう。

ただ、糖尿病の合併症による足の異変は比較的初期の段階で気がついやすい症状です。
万が一、足に異変を感じたら早急に専門医の診察を受けるようにしてください。

糖尿病の合併症には三大合併症と呼ばれる症状があります。
・糖尿病性網膜症
・糖尿病性腎症
・糖尿病性神経障害

足に関係するのはほとんどの場合、糖尿病神経障害によるものです。
糖尿病は足に影響する病気を併発する事が非常に多く、実は糖尿病の為に足を切断している患者さんの数は、なんと、年間に数千人にも登ります。

糖尿病になると毛細血管が弱くなり、傷ついやすくなりますが、糖尿病性神経障害は末梢神経に血液を運ぶ毛細血管が傷ついて、体内に必要な酸素や栄養分が届かなくなるために、感覚や運動を司る神経や自律神経に問題が起こる障害です。

では、こんな状態になると足にはどんな症状が現れるのでしょう?

糖尿病の合併症で足に起こる症状

・足がしびれる
・足の感覚が鈍くなった
・足が冷える(ほてる)
・足がすぐに痙攣する
・長時間歩くとふくらはぎが痛くなる
・足の怪我に気が付きにくい
・足が乾燥しやすく、すぐにひび割れる
・水虫になった
・足にタコができやすい
・足の爪が巻き爪になる

このような症状が多いケースです。
ただ、注意しなければいけないのは、これらの症状だけではそれほど、重大な病気だとは感じない事です。

ですが、先程も言ったようにこれらの症状は糖尿病の初期症状ではなく、糖尿病性神経障害と呼ばれる合併症を引き起こしている事が原因です。

その為に、このような異変に気がついたら早急に処置をする必要があります。
最悪のケースは足の感覚が鈍くなっている為に傷をした事に気がつかず、そこからばい菌が入り込み、足の壊死が起こるなんて事も少なくないのです。

少しでも気に掛かることがあれば、まずは早急に専門医の診察を受けましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_79892032_Subscription_Monthly_M

2015.6.14

イヌリンが糖尿病に効果的?

イヌリンという成分を聞いた事があるでしょうか? この成分は菊芋やゴボウなどに含まれている成分ですが、実はこのイヌリンが糖尿病にはとても効果…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る