イヌリンの副作用は?

young asian doctor on blue background

イヌリンは天然のインスリンとも呼ばれ、血糖値を上昇を緩やかにしてくれる効果を持っています。その為に、糖尿病の予防や改善に利用されます。
また、それ以外にも血中の中性脂肪を減らしたり、便秘を解消する効果も持っています。

このような魅力的な効果を持っているイヌリンですが、「副作用はないの?」
こんな疑問を持つ方もおられると思います。

そこでここではイヌリンの副作用についてまとめてみたいと思います。
まず、結論から言うと、イヌリンには副作用はありません。
と言うのはイヌリンは薬ではなく、自然に存在する物です。
ですから、薬のような副作用はないのです。

ただ、だからと言って、注意するべき事が全くないわけではありません。
1番大切な事は摂取量です。

いくら効果があるからと言っても、やはり「過ぎたるは及ばざるがごとし」なわけですね。
目安は1日に8~14gとされています。
また、摂取量が30gを超えると胃腸のガス蓄積、膨満感、胃痙攣、胃腸の不快感などが現れやすくなると言われていますので、大量に摂取するのは注意が必要です。

このような注意を守れば、イヌリンはインスリンと違い、天然の素材なので日々、継続して摂取しても、副作用がなく、とてもおすすめの成分の1つです。
血糖値を改善したい方は摂取量に注意しながら試してみてはいかがでしょう。

ちなみにイヌリンを摂取するなら菊芋がおすすめです。
イヌリンはごぼうやニラにも含まれますが、菊芋には断トツの量が含まれています。
ただし、菊芋は季節物で年中手に入れるのは非常に難しく、一般的には菊芋のサプリメントを利用します。
サプリメントであれば、手軽に年中摂取することができます。

おすすめの菊芋サプリメントはこちら。

⇒ 無添加・無農薬の紅菊芋パウダー

茨城大学と共同研究し、HbA1cの抑制効果が実証され、学会でも発表された無農薬の菊芋サプリメントです。
血糖値を改善したい方には1番おすすめの菊芋サプリメントです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_50360955_Subscription_Monthly_M

2015.10.6

菊芋パウダー

菊芋は血糖値を下げる効果が期待できる数少ない食品です。 菊芋にはイヌリンと呼ばれる成分が含まれています。 このイヌリンは水溶性の植物繊維…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る