菊芋茶の効果や副作用は?

Fotolia_85087187_Subscription_Monthly_M

血糖値を下げる効果があると言われる菊芋ですが、お茶として飲む事もおすすめの方法の1つです。
菊芋が原料のお茶ですから、当然、イヌリンを多く含んでいます。
そのおかげで血糖値を下げ、糖尿病はもちろんの事、肥満や中性脂肪にも効果的です。
また、それだけではなく、イヌリンは腸内ではフルクトオリゴ糖に分解される事で腸内の善玉菌を増やしてくれます。
腸内の善玉菌が増える事は便秘を解消してくれますし、またアトピーなどのアレルギー性の病気や癌の予防にも良いと言われています。
ただ、お味は?と言うと、芋特有の味と香りがし、「美味しいか?」と聞かれると微妙なところです。

菊芋茶の副作用は?

菊芋茶に副作用はあるの?
こんな疑問をお持ちの方もおられると思いますが、自然の物ですし、基本的には副作用はありません。
ただ、過剰に摂取しないように注意しましょう。
特に血糖値を抑える薬を飲まれている方は摂取する量には注意が必要です。
菊芋には血糖値を抑える働きがあるので低血糖になる可能性が無いとは言えません。

体にいくら良い成分であっても過剰な摂取は体内のバランスを崩し、変調をきたす事があります。
特に菊芋には食物繊維やミネラルも多く含まれています。
この為に過剰な摂取はお腹が張るなどの問題が起きる事が考えられます。
適量を守って飲むようにしましょう。

⇒ 菊芋茶 通販

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

41DCSy8gpKL

2015.5.29

糖尿病の検査は市販のキットが便利

糖尿病は初期症状に特別な症状が見えにくく、注意しないと全く気がつかないまま病気が進行してしまう可能性があります。 糖尿病が進行すると様々な…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る