ヘモグロビンA1cをさげる方法

Blood sample for hematology testing

糖尿病と言えば、まず、血糖値を下げるイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、実は血糖値よりもヘモグロビンA1cの数値を基準に考えたほうが良いのはご存知でしょうか?

基本的に血糖値は変動する数値で食事の前後では大きく変わります。
その為に、いつ?血糖値を測定するかで数値が違いすぎてなかなか参考にならないのです。

実際に糖尿病を治す為に大切な数値は最近1~2ヶ月間の平均的な血糖の状態がどうだったか?
これを知ることがとても大切になります。

そこで、この平均値を知るのに便利なのが「ヘモグロビンA1c」の数値です。
ヘモグロビンは血液中の酸素を体の隅々まで運ぶ役割をしていますが、ヘモグロビンA1cとはヘモグロビンに糖が反応した物なのです。
その為に、このヘモグロビンA1cの数値を計る事は血糖の状態を知るにはとても便利で、この数値を下げる事で糖尿病の改善につなげる事が出来るのです。

ちなみにヘモグロビンA1cの正常値は5.8%未満と言われています。
糖尿病が気になる方はまずは、血液検査をして、ヘモグロビンA1cなどの数値を確認する事が大切ですね。

ヘモグロビンA1cを下げるには?

ヘモグロビンA1cを下げる為のおすすめの方法を3つご紹介します。
糖尿病は生活習慣病と言われるぐらいですから日常の生活習慣を改善していく事が最も大切になります。

【無理のない運動を継続する】
運動不足と糖尿病は大きく関係しています。
運動不足の方は糖尿病を患う可能性が非常に高いのです。
ですから、日常に無理にない運動を習慣化する事はとても効果的です。

ただし、これまで運動をした事がない方が急に負担の大きな運動をする事はおすすめではありません。
かえって体に無理をかけますし、また継続することも難しいでしょう。

大切な事は継続することです。
無理をしすぎない、それでいて楽すぎないちょうど良い負荷の運動を毎日続けていきましょう。
一番始めやすいのはやはりウォーターですね。
ウォーキングであれば歩く時間を目安にすればわかりやすいです。
1日30分程度のウォーキングから始めてみてはいかがでしょう。

【食生活を改善する】
食事はその方の好みが大きく影響しています。
「お肉が好き」「脂っこい物が好き」「野菜は食べない」「食べ過ぎる」
これらの嗜好はついつい食生活を乱していきます。
ヘモグロビンA1cを下げるに為には適量をバランスよく食べる事が必須です。
また食品の中には血糖値を下げる食品と逆に血糖値をあげる食品があります。
血糖値を上げる食品を出来るだけ避けて、血糖値を下げる食品を積極的に摂るようにしましょう。

参考:血糖値を下げる食品 ランキング

例えば、ご飯や麺類などの炭水化物は血糖値を急激に上昇させる食べ物です。
逆にステーキのほうが血糖値は上がりません。
一般的なイメージではステーキのほうが脂が多く、糖尿病には良くないイメージがありますが、実はそうではありません。
その為に、炭水化物を制限する事は糖尿病を改善するにはとても効果的な方法です。
このあたりは炭水化物を制限し糖尿病を劇的に改善するいわゆる「名医」と呼ばれる先生がおられるので参考にされると良いと思います。

参考:糖尿病を改善する名医たち

【サプリメントを利用する】
血糖値を下げる食事を毎日継続する事は簡単な事ではありません。
そこで、おすすめなのが血糖値を下げてくれるサプリメントを習慣化する事です。
サプリメントは薬ではないので副作用の心配もありませんし、天然由来の漢方の含まれている物であればより効果も期待できます。

へモグロビンA1cを下げる漢方:田七人参、菊芋、高麗人参、鹿角霊芝など。

参考:血糖値を下げるサプリメント

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

41DCSy8gpKL

2015.5.29

糖尿病の検査は市販のキットが便利

糖尿病は初期症状に特別な症状が見えにくく、注意しないと全く気がつかないまま病気が進行してしまう可能性があります。 糖尿病が進行すると様々な…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る