糖尿病の食事療法

Fotolia_67191770_Subscription_Monthly_M

糖尿病の治療の基本は食事と運動と言われますね。
特に食事は注意する必要があります。

理由はとても簡単です。
食事によって血糖値が大きく影響を受けるからです。

糖尿病の治療のポイントは血糖をしっかりとコントロールする事です。
インスリンを注射したり、薬を飲むのもやはり血糖をコントロールする為の物です。

中でも食事は血糖に大きく関係していて、食べるものはタイミングなどのよって血糖が大きく変化します。
簡単に言えば、食事によって血糖は上がったり、下がったりするわけです。

糖尿病で最も注意しないといけない事は血糖値の急激な上昇です。
その為に、血糖値が急激に上がらないような食事の内容やタイミングなどを食事療法と言います。

ちなみに一般的な食事療法の注意点は?
・高カロリー食品を食べ過ぎない
・肉や脂っこい物を摂り過ぎない

「このような事に注意しなさい」と言われます。
これは糖尿病の食事療法の基本に「適正なエネルギー量」という考え方があるからです。
つまり「糖尿病はカロリーをコントロールする事が大切」と思われているわけです。

ところが、実は血糖の上昇とカロリーには全く関係がありません。
例えば、食パン1枚とステーキ1枚、どちらが高カロリーでしょうか?
もちろん、ステーキですね。

では、ステーキと食パンではどちらが血糖値を高めるか?
実はステーキではないんですね。
食パンのほうが血糖値を高めてしまうのです。

残念ながら、一般的な糖尿病の食事療法にはこのような大きな勘違いがあります。
その為に、継続して食事療法の取り組んでもなかなか血糖値が改善しない方が非常に多いのです。

もし、食事療法を現在実践して、数値がなかなか改善しない方。
または、これから食事療法に取り組もうという方は、是非、わずか3日実践するだけで血糖値が下がる、最新の食事療法をチェックしてみてください。
結果が出ない食事療法は辛いだけです。

詳細はこちらを参考にすると良いです。

⇒ 薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2.29

2016.2.29

ALAが糖ダウン

ALAとはアミノレブリン酸の事です。 人が生命を維持する為に必要なアミノ酸の一種で動植物の体の中には元々備わっているものです。 人の場合…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る