糖尿病とは?

Diabetes pen nib pointing to the words in the dictionary, shot with very shallow depth of field,

現在日本では糖尿病の患者さんは増え続けその数は820万人と推定されています。
また、その可能性を否定できない方を含めるとなんと1870万にも上ると言われています。

この数は成人の7人に一人の割合になります。
この割合は高血圧に次いで2位の割合です。

このような統計を見ると決して他人事ではないのが分かると思います。
当サイトでは糖尿病の初期症状に着目し、お役に立てる情報をご紹介していけたらと思っています。
良かったら参考にしてみてください。

一口に糖尿病と言っても実はいくつかの種類があります。
成人病として恐れられている糖尿病はⅡ型糖尿病と言います。

このⅡ型の糖尿病はインスリンの分泌が生まれつき弱かった方に起こりがちです。
インスリンとは膵臓から出るホルモンの種類です。
このホルモンのおかげで体に動かすために必要なブドウ糖を細胞内に取り込む事ができます。

ところが、このインスリンを分泌させるのが生まれつき弱い方がいます。
このような方が例えば運度不足やカロリーを過剰に摂取すると、ますますインスリンを分泌させる能力が低下します。

この結果糖尿病を発症してしまうのです。
日本人に起こる糖尿病のほとんどがこのようなケースだと言われています。

また、これ以外の糖尿病にはⅠ型の糖尿病があります。
この場合は先ほどのⅡ型の糖尿病と違い、ウイルスなどで膵臓に支障をきたし、インスリンが出なくなってしまった時に
起こるケースです。
このようなケースは子供に多い糖尿病です。

また糖尿病には生まれつきなりやすい方がいます。
これは糖尿病になられた方のご家族やご両親、家系等を調べるとやはり糖尿病になっている方が多いようです。
つまり遺伝的要素があると言えるわけです。

特にⅡ型の場合はこれが言えるでしょう。
ちなみに両親が糖尿病だとその子供は50%の確率で糖尿病になると言われています。

もちろん、50%ですから、両親が糖尿病だからと言って全ての子供がなるわけではありません。
また逆に両親が糖尿病ではないから子供が大丈夫とも言えないのです。

いずれにしても普段から体調管理には注意するべきですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_81338575_Subscription_Monthly_M

2016.1.18

糖尿病のカロリー計算

一般的には糖尿病の食事で最も注意するべき事はカロリーだと言われていますね。 「カロリーの摂り過ぎはいけません」と言うわけですね。 ですか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る