玄米は血糖値を下げる?

Fotolia_77344813_Subscription_Monthly_M

血糖値を下げる為には炭水化物はとても注意するべき食品ですよね。
特に白米には注意が必要です。
白米はいわゆるGI値が高い食品なので、食後急激に血糖値を上げてしまいます。

とは言うの物の白米は日本人にとっての主食です。
やはり、お米が食べられないのはとても辛いと感じる方は多いと思います。
そんな方におすすめしたいのが玄米です。

白米は精米される家庭で外皮、内皮、胚芽などが取り除かれてしまいます。
ところが、実はこの取り除かれた部分に食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれています。
また、同時にこの栄養が血糖値の急激な上昇を抑えてくれるんですね。
その為に、同じお米なのに玄米はGI値が低い食品なのです。
なので血糖値が高い方は白米を玄米に変えてみるのはとてもおすすめの方法です。

ちなみに玄米と言っても特におすすめなのが発芽玄米です。
発芽玄米は玄米を水につけて発芽させた状態の玄米の事です。

ただの玄米に比べて、発芽させた状態の玄米には下記のような特徴があります。
・栄養素が豊富になる
・栄養を体内に吸収しやすくなる
・モチモチとした食感で白米に近くなる

玄米は白米に比べると「パサパサで美味しくない・・」と言う印象を持たれる事が多いのですが、発芽玄米なら、美味しく食べれますし、さらに栄養素も豊富になるので一石二鳥というわけです。

ただ、1つ欠点は自宅で発芽玄米を炊くのは少し面倒と言う事です。
玄米を発芽させる為に炊飯する前に、水に浸しておく事がポイントなのですが、この時間の調整に手間がかかります。
なので、「忙しくてなかなか手間がかけれない」と言う場合は発芽玄米はちょっと馴染みにくいかもしれません。

ただ、そのような方の為に、発芽玄米として商品化されている物がありますので、「忙しくて、なかなか手間がかけられない・・」と言う場合はこのような商品を利用するのも良いかもしれませんね。
ちなみに発芽玄米で最も人気で売上NO1なのがファンケルの発芽米です。

⇒ FANCL 通販限定「発芽米 お試しセット」

ちなみにこのような商品化された発芽玄米の欠点は費用です。
毎日、食べるとなるとかなりの費用が必要になってしまいます。
そこでおすすめなのが自動発芽玄米炊飯器を利用する事です。
この炊飯器を利用すれば、玄米に適量の水を入れてセットすれば自動で発芽玄米を炊いてくれます。
これなら、食費も安く抑える事ができますし、家族みんなで発芽玄米を主食にする事も可能なのでとてもおすすめです。

【参考】 ⇒ 発芽玄米炊飯器

いずれにしても「血糖値を下げたい」でも「お米は食べたい」
そんな方は一度玄米に変えてみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_97851645_Subscription_Monthly_M

2016.1.13

糖尿病の食事は宅配で

糖尿病の治療には食事はとても大切です。 血糖値が上がらないように食事をコントロールする必要があります。 ところが、この食事を作るのが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る