難消化性デキストリンは血糖値を下げる

Hematology A1C report with butterfly catheter and blood collection tube.

トクホにも認定されている難消化性デキストリン。
この成分は血糖値を抑える働きを持っていますので、血糖値が高めの方は積極的に摂取してみてはいかがでしょう。

難消化性デキストリンはじゃがいもやとうもろこしの澱粉から作られる水溶性の食物繊維で、人が備えている消化酵素では消化できない特性を持っています。

また、カロリーは1gあたり、1kcalと非常に低く、ダイエットの効果も期待できます。
熱や酸にも強く、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルの吸収を邪魔しないのも特徴です。

では、どうして、この難消化性デキストリンは血糖値の上昇を抑えるのか?
通常体内に摂取された糖質はブドウ糖に分解後、小腸で吸収され、肝臓に送られます。
ところが、難消化性デキストリンは小腸で糖を吸収するのを抑えてくれます。
その為に食後、急激に上昇する血糖値を抑えてくれるのです。

また、すい臓で分泌されるインスリンやグリカゴンなどのホルモンにも影響を与える事も血糖値の上昇を抑える効果に関与していると考えられています。
水溶性の食物繊維なのでそれ以外にも、便秘や腸内環境の改善する効果を持っています。

このような難消化性デキストリンですが、摂取するのは比較的簡単です。
最近はトクホ飲料と呼ばれる、お茶などにも含まれています。
例)「からだすこやか茶W」「食事と一緒に十六茶W」など

ただ、やはりおすすめは血糖値の上昇を抑える事を目的に作られた血糖値対策アイテムです。
例えば、大正製薬の「大麦若葉青汁」

⇒ 大正製薬 ヘルスマネージ 大麦若葉青汁

難消化性デキストリンが配合された青汁です。
青汁は健康に良い事はもうご存知だと思いますが、血糖値対策にはもってこいの青汁と言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

3.21

2016.3.21

大正製薬 大麦若葉青汁

血糖値が気になる方におすすめの大麦若葉青汁と言えば、大正製薬の「大麦若葉青汁」です。 こちらです。 ⇒ 大正製薬 大麦若葉青…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る