インスリンとは

DIABETES CONCEPT Medicine doctor working with computer interface as medical

糖尿病とインスリンは切っても切れないほど、密接な関係がありますが、そもそもインスリンとは一体何なのでしょう。
今回はインスリンについてまとめてみたいと思います。

インスリンとは

インスリンはすい臓で分泌されるホルモンの1つです。
血糖値を下げる唯一のホルモンで非常に重要な役割を担っています。
インスリンはすい臓のランゲルハンス島と呼ばれる組織の中のβ細胞で作られます。
インスリンがすい臓から分泌されるのは、多くの場合、食事の後です。
食事は体内に入ると消化、分解され、血液中に血糖の量が増えます。
この血糖が私たちの体を動かす為のエネルギーになります。
すい臓はこの血糖の量が増えた事を感じると瞬時にインスリンを分泌します。
これはインスリンが血流の中の血糖を細胞や臓器に取り込む働きを持っている為です。
血液中の血糖はそれだけでは、エネルギーとして利用する事ができません。
インスリンがあって、初めて、血糖はエネルギーとして利用されるのです。

インスリンの働き

インスリンは血糖を細胞や臓器に取り込む働きを持っています。
また、それによって、血液中の血糖値を下げ、食事後に上昇した血糖値を一定の状態にバランスを保つ働きも担っています。
他にもインスリンは下記のような働きを持っています。
・肝臓や筋肉でグリコーゲンが生成されるのをサポートします。
・蓄えられているグリコーゲンが分解されるのを抑えます。
・脂肪組織で脂肪が合成、分解されるのを抑えます。

インスリンが足りなくなると?

インスリンはすい臓で分泌されるホルモンですが、すい臓が疲弊すると必要な量のインスリンを分泌しなくなります。
インスリンが足りなくなると、血液中の血糖を十分に細胞内に取り込む事ができずに血液中には大量の血糖が残り、血糖値が高い状態が維持されてしまいます。
この状態が続くと糖尿病を発症してしまう事になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Testing blood glucose level. Test for diabetes before pregnancy

2015.6.22

サラシアが糖尿病に効果的?

サラシアと言う言葉をお聞きになった事はあるでしょうか? サラシアはインドやスリランカでは古くから薬として利用されてきたツル科の植物です。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る