ストレスが糖尿病を引き起こす?

ビジネスマン

現代は日常的に多くのストレスを抱えるストレス社会となってしまいました。
ストレスとは肉体的な栄養不足、伝染病、寒冷、外傷など。
また精神的な不安、悩み、焦りなど。
これらの物全てを含んでいます。

人間にとって関係する全てのものがストレスになりえるのです。
人間はストレスを感じると脳下垂体などからストレスに対応する為のさまざまなホルモンが分泌されます。

ところがこれらのホルモンは実はインスリンとは逆の働き、つまり血糖を上げる働きをします。
その為に、せっかくインスリンを分泌しても、そのインスリンが無力化されていまうわけです。

これでは、インスリンを分泌する膵臓も疲労を繰り返しばかりです。
そのうちに膵臓の疲労がたまり働きが悪くなります。

そうなれば糖尿病を発症する可能性が大きく高まるというわけです。
「ストレスは万病の元」と言われますが糖尿病もストレスからの影響を大きく受ける病気の一つなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

41DCSy8gpKL

2015.5.29

糖尿病の検査は市販のキットが便利

糖尿病は初期症状に特別な症状が見えにくく、注意しないと全く気がつかないまま病気が進行してしまう可能性があります。 糖尿病が進行すると様々な…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る