血糖値の上昇を抑える食べ方

Fotolia_113425823_Subscription_Monthly_M

食事の食べ方を意識する事で血糖値の上昇を抑える事ができます。
お腹が減っているとどうしても自分が食べたい物から食べてしまいがちですが、これはあまりおすすめではありません。
食材によって、血糖値の上昇に違いがあるからです。
食べ方の順番を工夫する事で血糖値の上昇をある程度コントロールできます。

血糖値はできるだけ、緩やかに上げて緩やかに下げるのが理想。
ところがお腹が減っている時に糖質の多い食材を食べると血糖値は急に上昇してしまいます。

ところが逆に野菜を最初に食べる事で急激な上昇を防ぐ事ができるのです。
その為に、食事の最初はたっぷりの野菜をまず、食べるようにします。
そして、その次に肉や魚などのメイン料理を食べます。

ご飯やパンは糖質がとても高いので、食事の最後に食べるようにしましょう。
たったこれだけで血糖値の急激な上昇を抑える事ができます。

食事は毎回の事なので身体に与える影響は非常に大きいです。
食事の際には「まずたっぷりの野菜を食べる」
この順番を習慣つけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_76286161_Subscription_Monthly_M

2016.1.2

糖尿病におすすめの外食は?

糖尿病の方の食事で注意が必要なのが外食です。 本来、外食はできるだけ避けたい所ですが、実際にはお付き合いなどで外食しなければならない事は少…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る