ヘモグロビンa1c 下げるには

medicine, age, diabetes, health care and people concept - close up of senior woman with glucometer checking blood sugar level at home

赤血球は身体の隅々まで、酸素を運ぶ事が役目です。
この途中でヘモグロビンは血液中のブドウ糖と少しずつ結びついていきます。
ヘモグロビンと糖とは結びついた物をヘモグロビンa1cと呼びます。

また、糖尿病ではヘモグロビンa1cの数値がとても大切な指標になりますが、このヘモグロビンa1c値とは赤血球の寿命の半分の時期の血糖値の平均値を指します。

この数値を知る事で、検査した時よりも約2ヶ月前の血糖の状態を知る事ができます。
つまり、現状だけではなく、血糖の推移がわかるようになるのです。

この為に、糖尿病の検査では血糖値以上に大切な指標となります。
ちなみにヘモグロビンa1c値の基準値は4.3~5.8%。
6.5%以上になると糖尿病型と診断され、糖尿病の疑いが非常に強くなります。

この状態で放置すると近い将来合併症を引き起こす可能性が高いので速やかに改善する必要があります。

では、ヘモグロビンa1c値を下げるにはどうしたら良いか?
実はいくつかの治療法が混在しているのが現状です。

つまりドクターによって推奨する方法が違うのです。
逆に言えば、「まだ確立した治療法が無い」とも言えます。

その為に、幅広く情報を入手する事がとても大切です。
例えば、医師に診察をしてもらっている場合でもセカンドオピニオンは必ず受けるようにするべきです。

ドクターが変われば、全く違う治療法を提案されるかもしれません。
いずれにしても、もし、ヘモグロビンa1c値が不安なのであれば、まずは正しい情報をキャッチする事が必要です。

限られた狭い情報では間違った治療法を取り入れてしまう可能性が高いです。

ちなみにそんな現状で従来の治療法とは全く違う治療法で劇的な効果を上げている専門家たちもいます。

彼等の治療法もとても参考になると思います。

【参考】 糖尿病を改善する名医たち

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_66460463_Subscription_Monthly_M

2015.7.27

糖尿病を改善する名医たち

血糖値が高くお悩みの方の中には。 「病院に通っているけど、なかなか改善しない・・」 「どうやって改善すれば良いのか分からない・・・」…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る