視力の低下は糖尿病の合併症の一つです

セルフレームメガネと視力検査

糖尿病が進行し、合併症を引き起こすと急に視力が低下する事があります、
これは物を見るための神経や筋肉が上手く働かなくなるためです。

ひどくなると神経障害を起こし、目の運動神経その物が麻痺し、物が二重に見える事もあります。
また、進行によっては網膜に出血を起こしたり、網膜に白い斑点が出たりします。

ただ、注意しないといけないのは網膜に出血と言っても自分では気がつかない事が非常に多いことです。

こうした網膜などの眼底の変化はほとんどの場合、糖尿病になって数年後に現れます。
その時に気がつかないで放置していると最悪の場合、失明を起こしたりします。

実際に日本では成人してからの失明の一番多い原因が糖尿病です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

41DCSy8gpKL

2015.5.29

糖尿病の検査は市販のキットが便利

糖尿病は初期症状に特別な症状が見えにくく、注意しないと全く気がつかないまま病気が進行してしまう可能性があります。 糖尿病が進行すると様々な…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る