体がだるいのは糖尿病の初期症状?

Fotolia_79491853_Subscription_Monthly_M

大して体を動かしたわけでもないのに「なぜだか体がだるい」
こんな状態も糖尿病の本来の症状です。

ただし、糖尿病で体がだるくなる場合は「ただ、体がだるい」と言うレベルではなく、「もうこれ以上動けない」と感じるぐらい非常に強いだるさです。

ちなみにこの症状は初期症状に限るものではありません。
合併症は起こしていない物の、糖尿病は進行している可能性があるので気になる場合は早急に専門医に診察してもらう必要があります。

糖尿病になると人が行動するためのエネルギーになるブドウ糖の代謝に必要なインスリンが分泌されなくなります。
その結果、エネルギー源になる事無く、糖分が尿と一緒に体外に排出されてしまいます。

となれば、体の中には体を動かすだけのエネルギーが無い状態になります。
その為に、「もうこれ以上動けない」と感じるほど、強い虚脱状態になってしまうのです。

これが糖尿病になると体が非常にだるくなる理由です。

体が疲れやすくなるのは糖尿病に限った事ではありませんが、見た目にはとても健康そうに見えても
ひどい疲労感に悩まされている方は一度、糖尿病の診察を受けてみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

41DCSy8gpKL

2015.5.29

糖尿病の検査は市販のキットが便利

糖尿病は初期症状に特別な症状が見えにくく、注意しないと全く気がつかないまま病気が進行してしまう可能性があります。 糖尿病が進行すると様々な…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る